債務整理の体験談

借金に苦しむ人が知らない借金の救済措置とは?


リボ払いや借金が膨らんで支払いが難しい方、
早めに減額手続きに入る事をオススメします。

実際に僕はこの制度を使ったら、
返済総額が70万円も減額されました。

借金のきっかけは見栄を張るために、
高級ブランドを購入したり、
デート代に使う為に借りたのが始まりです。

今の給料なら返せると思っていましたが、
積み重なったリボ払いで遂に手取りの給料より
毎月の借金の支払いの方が大きくなりました。

そんな時、ネットであるものを見つけたんです。

それが「無料で使える借金減額診断

匿名で出来るとの事なので、やってみると、

返済総額191万円⇨121万円に!!
減額診断がきっかけで−70万円の減額に成功

15%以上あった金利は0%に!
毎月8万円返済していたのが、
毎月3万円の返済になったんです!

毎日お金の不安で押し潰されそうだったのが
嘘みたいに気が楽になりました!

それに、この減額診断は
会社や家族など誰にもバレずに

スマホだけで完結できるのでリスクがありません!

借金相談数は年間約100万件以上

引用元:首相官邸サイト

国の調査だけでも年間2~3万件
民間の窓口も合わせれば約100万件以上、
借金の相談が寄せられているんです。

この借金問題の救済として、
返済が難しい人の借金を減額できる制度ができました。
※画像の赤枠部分

知られていないだけで、
多くの人がお金の問題に悩まされています。

返済で苦しんでいるのは、あなたじゃありません。

知らないだけで悩み続けるのではなく、
自分がいくら減額できるか確認してください。

司法書士事務所のホームページで、
1分程度で入力できる無料診断を用意してくれてます。

減額診断はタップして質問に答えたらOK

匿名で住所も不要なので安心して診断できます。

運営しているのは、
司法書士事務所なので
情報漏洩などの心配は
一切ありません。

お仕事の合間に出来るくらい
簡単で1分ほどで入力は終わります。

今この記事を読んでいて、
借金に苦しんでいる方は
診断リスクはないので一度してみることを
オススメします。

実際に減額診断を行った方のリアルな口コミ
も集めてみたので参考にして下さい。

20代女性
【530万円の借金が0に】

カードを作りはじめた直後からリボ払いを利用。ショッピングやゲーム課金にはまり、気づくと月18万円以上課金していました。次第に返済に手が回らなくなってしまった為、相談させていただきました。家族や職場に内緒で、借金問題を解決したいと、率直な気持ちを伝えて色々と相談させて頂いた結果、自己破産が一番良いという結論にいたり、悩みましたお願いすることになりました。家族に相談するきっかけにもなり、再スタートをきることができ感謝しております。
※画像はイメージです。
40代男性
【返済総額241万円が114万円まで減額】

毎月の出費がかさみ、給料だけではやっていけなくなってしまい、借入をしてショートした分の補填をしてきました。家族にも借入のことを話ししていないので、なかなか相談できずにいました。気づくと、返済総額241万円もの借金に膨れ上がっており、どうしたものかと途方に暮れていたところ、借金減額診断と出会い、これがきっかけで、返済総額を114万円まで減額できました。
結局家族にも知られないまま解決できたので、よかったです。ありがとうございました!
※画像はイメージです。

40代男性
【900万円の借金が0に】
クレジットカードのリボ払い地獄に陥りました。生きてる希望も見えなく、精神的にも限界でした。ただ、家族には迷惑かけたくなく、ダメ元で相談させて頂きました。話すことで冷静に見る目直すことができ、調べたところ総額900万円近くになっていたこともあり、自己破産という選択肢を選びました。相談するうちに家族にも打ち明けてやりなおそうという気持ちにもなれ、前向きに進められるようになったので本当に良かったです。ありがとうございました。
※画像はイメージです。

※個人が特定されないよう実例を元に創作した事例です。

減額しても安心して幸せに暮らせます。

僕自身、減額される前は
減額できたとしても
「その後の生活に悪影響があるかも」
という不安がありました。

でも安心して下さい。

減額診断自体は、
家族にバレることも、
結果が自宅や会社に掛かって来ることも

一切ありません。
まずは不安なこともすべて相談・質問したらいいんです。

「この先どうなるんだろう。」
「今月の引き落とし大丈夫かな…」
「会社に返済の電話掛かって来るかも。」

なんて不安に思う人生はここまでにして
これからは明るく生きていけたらどうですか?

今すぐに小さな行動を起こすことで
借金地獄から抜け出すことができるかもしれません。

もう一人で悩むのは終わりにして
新たな一歩を踏み出しましょう。